MENU
CLOSE
ダイニング・チェアの形状について
UP DATE 2019.11.13

①ハイバック

背もたれが高く、ローバックに比べてより豪華な印象を与えます。
お部屋のスペースが限られている場合には圧迫感がありますが、お部屋が広い場合はチェアに存在感を持たせることが可能です。

②ローバック

背もたれが低めのチェアで、長時間座る方にとっては背中が疲れにくく快適に使えるチェアです。
背もたれが低い分、ハイバックに比べてお部屋が小さくても圧迫感を感じにくいのもポイントです。

配膳や片づけの際に椅子の後ろからテーブルに手が届くのも大きなメリットです。

③セミバック

ハイバックとローバックの中間の高さをもつ背もたれのチェアです。
現在のスタンダードとなりつつあり、幅広い種類から選ぶことができます。

ハイバックかローバックで悩んだらこちらを選んでみると良いでしょう。

④ベンチタイプ

2人掛けのものがメジャーで、少ないスペースで座る人数を増やすことができます。
来客時には荷物置きに使用するなど様々な活用が出来ますが、背もたれが無いデザインのものも多く長時間の使用においては一人用のチェアに比べて居心地が劣る傾向があります。

⑤回転式、キャスター付き

椅子の形状とは異なりますが、それぞれ便利な機能を持ったダイニング・チェアです。
回転式は座面が回転するため、立ち座りがとても楽で高齢者の方がいらっしゃるご家庭に特におすすめです。
キャスター付きは脚にキャスターが付いており、楽に移動させることができます。
お掃除の際にチェアを持ち上げたりしなくても良いほか、頻繁に模様替えをするご家庭や、ダイニングテーブルエリア以外にもチェアを使用したい場合にもおすすめです。

キャスターが付いたものは、座面も回転可能なものが多いです。

⑥ダイニング・ソファ

リビングダイニングセットで用いられる、座面の浅いソファです。
くつろぐということに関しては、他のどのタイプの椅子よりも優れています。

一方で、位置の調整がしづらく、食事を取るときは通常のダイニングの方が楽という意見もあります。

その他に、座面が木材などの固い素材そのままか、クッションがついたものの違いなどがあり、クッションにもファブリック生地から合皮、本革まで材質の違いが幅広くあります。クッション部の材質の違いに関しては、ソファの項目にて詳しくご説明いたします。

ページ上部へ
社名 株式会社ビッグウッド
所在地 〒791-1114 愛媛県松山市井門町77番地1
電話番号 管理本部 TEL.089-958-7773(代表)
Copyright (C) アウトレット家具 ビッグウッド All Rights Reserved.